気になるおりものの臭いは雑菌や体調に左右されている

女の人

注入法の種類

ウーマン

尿漏れや入浴時に膣から水が漏れるという場合、膣がゆるんでいる可能性があります。また、トイレに行く回数が増えたというときも膣のゆるみが原因になっている場合があるのです。ゆるみが進行してしまうと、子宮脱という症状を引越す可能性があります。子宮脱というのは骨盤の周辺にある筋肉が衰えることによって起こるもので、臓器が下がって排泄器官に影響を与えることがあるのです。この子宮脱を防ぐためにもクリニックで縮小手術や治療を受けましょう。膣を縮小するために多くのクリニックで行なわれているのが注入法やレーザー、ビビーブや縮小手術です。手軽な方法で広がった膣を縮小したいという人はこのなかでも注入法を選択するといいでしょう。

クリニックで膣の縮小をするために使われているのがヒアルロン酸を使った注入法です。ヒアルロン酸というのは人の体内にある成分の1つで、肌に弾力やハリ、膨らみを与えることができます。このヒアルロン酸を膣の壁に注入することで膨らみを持たせて縮小をするのです。ヒアルロン酸は徐々に体内へ吸収されてしまうため持続性は低いですが、注入してすぐに縮小の効果を得ることができるのです。また、ヒアルロン酸を注入した部分はコラーゲンやエラスチンがその部分に集まるため、成分が吸収されたあともしばらくは効果が続いているのです。また、ヒアルロン酸と違い半永久的に効果が続く成分を注入することもできます。そちらを選択できるクリニックはまだ少ないので希望する場合は探してみましょう。