気になるおりものの臭いは雑菌や体調に左右されている

女の人

異常は病気の知らせ

女の人

デリケートゾーンがかゆくなったというときやおりものの色や臭いがいつもと違うというときに気をつけたいのがカンジタです。カンジタというは、病気の1つでカンジタ真菌というカビが原因になっています。女性の膣の中にはこのカンジタ真菌がおり、体調不良やストレスで免疫力が落ちているときに発症することがあるのです。しかも、このカンジタはデリケートゾーンだけでなく口の中や皮膚で発症することもあります。そのようなところで発症すると赤みやかゆみが出るので気をつけなくてはいけません。女性がカンジタになると、デリケートゾーンやおりものが変化するだけでなく、性交時に痛みを感じてしまうこともあります。また、膣や外陰部が腫れることもあるのです。カンジタによく似ているという病気もあり、その代表的なのが膣トリコモナスというものです。これも外陰部がかゆくなり、おりものが変化する病気です。また、性器ヘルペスや細菌性膣症というものもカンジタに似ています。自分では判断が難しいので、異常を感じたときはすぐ婦人科へ行って医師に相談しましょう。

婦人科や病院でカンジタを診てもらうときには問診だけでなくおりものの検査も行なわれるでしょう。また、膣の中を見る器具を使うことも多いです。特殊なスコープで膣内を確認して洗浄をしてくれるでしょう。また、カンジタ真菌を抑える内服薬や外用薬を処方してもらえます。数日塗り続けることでかゆみや腫れが治まるので、指示に従って塗布しましょう。