気になるおりものの臭いは雑菌や体調に左右されている

レディー

臭いのトラブル

女性

デリケートゾーンに悩みを抱えてしまうという女性は少なくありません。デリケートゾーンは皮膚も薄くとても敏感な場所です。また、ムレやすい場所でもあるので、トラブルを抱えやすいのです。デリケートゾーンのトラブルで、よくあるのがおりものに関してのトラブルです。おりものの変色や鼻につく臭いに不安を感じたことのある人は少なくありません。変色の場合は生理不順だけでなく、大きな病気を心配してしまうでしょう。また、臭いがきつくなってしまうと周りに臭いが漏れていないか気になってしまいます。このように気になることがあるという場合は早めに婦人科へ行って相談するようにしましょう。

おりものの臭いは時期によって変化することがあるのです。通常でもすっぱい臭いをしていることがありますが、生理前は特に臭いが強くなるといわれているのです。そんなおりものは膣や子宮の中にある粘液のことで、雑菌の侵入を防ぐ役割を持っています。雑菌が繁殖しないようある程度の酸性に保たれているのですが、そのバランスがストレスや体調不良で崩れてしまうことがあります。その結果、雑菌が繁殖しておりものの臭いが臭くなってしまうのです。この場合はデリケートゾーンを清潔に保つことが大切になります。臭いだけでなくかゆみやかぶれが出た場合は婦人科で診察を受けましょう。また、薬を飲んでいるという場合はその働きでおりものが臭くなることがあります。この場合は、薬の服用をやめることで臭いがなくなるので医師と相談してみましょう。

ゆるみの治療方法

レディー

膣トレで膣のゆるみを気にするという人が多くなりました。骨盤底筋郡を鍛えることで改善や対策をすることができるでしょう。また、すでに緩んでいる場合は婦人科で治療が受けられます。

異常は病気の知らせ

女の人

デリケートゾーンの臭いやおりものに異常がある場合は婦人科で検査を受けるといいでしょう。かゆみや臭いがいつもと違う場合、カンジタやいろんな病気の可能性があるからです。

注入法の種類

ウーマン

膣のゆるみを改善するために注入法という方法を選ぶことができます。注入法はヒアルロン酸や特殊な成分を膣に注入して縮小させるというものです。ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されるでしょう。